フォルクスワーゲンのファンになってしまいました〜外車かぶれ〜

フォルクスワーゲンのファンになってしまいました〜外車かぶれ〜

フォルクスワーゲンのファンになってしまった外車かぶれの日記ブログです。

 

色々と生活をしていく中で思ったことを書き綴っています。

 

よろしくお願いします。

一般家庭での太陽光発電の設備導入は本当に得なのでしょうか?

 

もちろんケースバイケースですと言ってしまえばそれまでですが、では損得を見極めるにはどうしたらいいのでしょうか?

 

まずはきちんとした業者を選び、見積もりとシュミレーションを出してもらい判断するのが良いでしょう。

 

優良販売店ならまずはしっかりとした現地調査、制度の高い発電シュミレーションを事前に行ってくれるはずです。そのシュミレーション結果と初期費用の見積もりをよく見れば納得のいく判断ができると思います。

 

だいたいの目安として、初期費用から年間に得られるであろう発電の利益を割り、それが10年でペイできるかどうかを判断基準にすると良いと思います。

 

発電の利益とは、自宅で発電した電力を売電して得られる利益の事です。

 

一般的には発電した電力は、売電7割、自家電力3割といわれています。現在では1Kw34円で売電できます。この売電の価格は10年は変わらないという制度があります。
これが先に述べた、10年という期間でペイできるかどうかという論拠になっています。

 

まず一番大切なことは信用できる販売業者を選べるかどうかという事だと思います。太陽光発電導入で一番多いトラブルは販売業者とのやり取りの中で発生していると言われています。

 

これは、今までこの業界をけん引してきたのは主に訪問販売による営業がほとんどだったからと言われています。

 

訪問販売の特性上、強引な営業活動になってしまう傾向が強いからです。

 

まずは信頼できる販売業者を見つける事から始めることをおすすめします。

 

【参考】太陽光発電のメリット・デメリットがわかった!設置した私の体験談:太陽光発電システムの価格の推移や動向は?

続きを読む≫ 2014/11/16 19:51:16

バイクとともに青春を過ごしてきました。15歳で原付の免許をとって、母親が乗っていたミントに色をぬりカゴをとりバイトへの通勤に使っていました。

 

そのバイトで貯めたお金でzx(ホンダ)当時は大人気のスクーター、そしてミッションといってギア付きのnsr50をバイト先の先輩から借りて乗ってまたこれもかなり面白い。

 

ここでエンジンブレーキの面白さを知りました。nsr50と言うとかなり値段が高く20万くらい出さないと買えない物でした。

 

そして友人からモンキーを4万で買いそのあとダックスそしてバイト先の友人から250ccのCB250rsを5万で買い、青と赤と白に塗り友達に売ったら、隣町のギャング?みたいなやつに取られたらしくそれもまた面白い。

 

社会人になってからもゴリラに乗りちょっと使えるお金が増えたのでスイングアームをつけたりマフラーを変えたり、学生時代じゃできなかったカスタムをできるようになりました。そしてインターネットで調べてクラブマンを買いそのあとシートを張り替えてもらうとこを探しそれもまた白の皮で綺麗になり、マフラーも変えてまた友人の友達に売りました。

 

それぞれエピソードがあってバイクの販売の仲介したり自分でナンバーを取りに行ったり、めんどくさいことが楽しかったです。

 

●バイクを売る時に知っておきたいこと
バイクを売る時に知っておきたい! 高価買取りのコツと業者比較
バイクを高く売るための3つのコツに注意すると、高くそして簡単にバイクを売ることができます。ではそれぞれを詳しく見てみましょう。

続きを読む≫ 2014/06/16 21:10:16

強い日差しが照りつけた6月の土曜日、まだ辺りは明るかったが18時を過ぎてやっと小学4年生になる次男が帰ってきた。
生臭い泥水にまみれた服と、手にはその服を濡らしたのと同じ泥水の入った虫カゴを持っている。

 

その姿を見て呆れ顔の妻を尻目に得意げな顔で私の目の前に虫カゴを差しだす。
中には窮屈そうに動く立派なハサミを持った3匹の赤黒いザリガニが入っていた。

 

近くにある堰で水草にしがみついていたザリガニを見つけ、体を濡らしながら捕まえたようだ。
「俺が全部捕ったから皆にもわけてやったんだよ」
興奮気味に捕まえた時の様子を話す息子に向かって、
だからってこんなにビショビショにしなくていいの!と妻が溜息混じりに言うが、次男は全く悪びれる様子もない。

 

考えてみると次男が自分だけの力で捕まえてきたのは初めてのことだ。

 

少し無鉄砲なところもあるが、近所には同じような元気のいい同級生もいるので服が濡れるのも構わず夢中で友達と捕まえる姿が想像できる。

 

妻も咎めはしたものの、次男の僅かな成長を少し嬉しくも思っているようだ。

 

その後、バケツに3匹のザリガニを移し、濡れた服のまま家の裏山にスコップを持って走って行った次男は、すぐに大きなミミズを捕まえてきた。
バケツの中にミミズを入れると興味深そうにザリガニの様子を観察している。

 

「そんな捕まえてきてすぐエサなんか食べないよ」
私が言うのを聞きながらも、バケツを覗きこんだままその場を離れようとしない。
あと2、3日もすれば、と私は思う。
ザリガニの事などすっかり忘れてしまうだろうな。

 

それから数日後、ザリガニが入ったバケツを見かけなくなったことに気が付いた。
次男に聞くとザリガニは学校の水槽に住まいを移し、元気に育っているとのことだった。
先生に話したら学校の教室で世話をしてもいいと言われたらしい。

 

あのまま家にいたら、いずれ庭先で干からびていただろうな。
そう考え元気なザリガニの姿を思うと、私も少しホッとしていた。

続きを読む≫ 2014/06/14 14:02:14

話題のパンケーキを食べてきました^^

 

けっこう前にオープンしたので、もしかしたらちょっと今は話題じゃないのかな??
すごく並ぶって聞いていたから、しばらく行くのを待っていたんです!

 

江ノ島にあるパンケーキ屋さんに行ってきました!

 

やっぱり並びました〜。でも2時間とか並ぶのかな?って思っていたら、時間をずらして行ったからか、30分並んだだけで大丈夫でした。
30分でもけっこうな時間かもしれないけど、最初に2時間の覚悟で行ったから、あっという間な感じが〜笑

 

はじめてだったので、大きさとか想像つかなくって、彼とわたしと、ひとり1皿ずつ注文してしまったんですけど・・・汗

 

すっごいボリュームでびっくり!!

 

美味しいんですけど、ちょっとこれはシェアして食べる感じなのかな?って思いました。

 

もしくは、おやつ的に食べるよりも、お食事の代わりに食べるなら、一人1皿でも食べられるかも!!

 

パンケーキ5枚に、すごくたっぷりなホイップクリームで、かなりテンション上がりました〜。

 

本当にかなりたっぷりなホイップだから、ちょっと重いかな??って思ったんですけど、すっごく軽いのでホイップクリームがヘルシーな感じがしましたよ!

 

今回はふたりともパンケーキにしちゃったので、次回はエッグベネディクトも食べてみたいなって思います^^

 

 

続きを読む≫ 2014/06/14 14:01:14

最近お子様が独立した友達をお話をすることが多いです。

 

子供が県外の大学へ行った、就職して都会へ行った。

 

なかなか家に帰ってこないので寂しい。

 

もう少しすると、男の子はお嫁さんをもらいます。

 

そうなると、もっと家には帰ってこないし、口出しもできなくなります。

 

お姑さんがあれこれ言うと、ほとんどの場合、若い夫婦がうまくいかなくなるのです。

 

もう学校も出したし、優しい子供に育ってくれた、

 

それだけで幸せだと思うように。。。。

 

と言いたいけどやっぱり寂しいのは現実です。

 

更年期の時期と重なるので、体調を崩す主婦の方もいますね。

 

 

私は男の子がふたりなので、思春期からなんとなく離れていくのを感じました。

 

そんなときに、ある歌がテレビから流れてきました。

 

それは、コブクロの桜

 

まだ、歌っている人の名前も何も知らなかったけど、深く心に残り元気が出ました。

 

そして、コブクロのことをネットで調べて今ではライブにも年に1度は行っています。

 

ファンの人との交流がありとても楽しいです。

 

子供の独立とともに、何か新しい趣味を見つけてみませんか。

 

いろいろな人と交流していると、新しい発見もあります。

 

家の中に閉じこもって、体調が悪くなるなんてもったいないです。

 

お子様も、お母さんが元気なほうが安心します。

続きを読む≫ 2014/06/11 21:22:11

赤ちゃんのころから「足の力が強い!これは早くから歩きだすわね」と言われていたわが息子。本当にその足の力は強く、膝の上に乗せると、足を常に突っぱねていました。

 

そう言われていたのが、息子が3ヶ月のとき。

 

息子が歩き始めたのは、なんと1歳半過ぎてからでした!

 

予想外!

 

さて、息子くんはそれまで何をしていたかというと、まあ、お座りまではそこらにある「赤ちゃんの成長過程」と同じような時期。

 

ハイハイをせずに、お尻でずりずりと移動し始めたのが、9ヶ月前後の頃。お尻にモップでもつけたろか、と何度も思ったくらい、おしりの汚れはいつも一番ひどかったです。

 

1歳4ヶ月頃に立ち上がり始めましたが、立っての移動はせず、1歳5ヶ月までやはりお尻移動。成長していったのは、お尻移動の速さ。日々速くなること!

 

1歳半頃になり、大人の片手を握りながらのあんよができるようになりました。

 

それから数週間後・・・・あ、一人で歩いてる!

 

実は、歩き出す数週間前、私は心配になって何度もネットで検索してみたんです。

 

そうしたら、結構多いんですね・・・1歳半過ぎても歩かないお子さん。

 

多くのお母さんが思っているのは、「本人にまだその気が無い」ということ。

 

なんか、かわいいですね。

 

うちもそうだったのかも・・・息子くんに兄弟はいないし、周りには大人ばかりという生活だったので、せがめば誰かが抱っこして移動させてくれる・・・息子くんには「自分で立って歩く」ということの必要性が無かったのかもしれませんね。

 

まあ、私と夫としては、「歩き出した子を追い掛け回す」という体力勝負の日々を長い間経験しなくて済んだことを嬉しく思っています(笑)。

続きを読む≫ 2014/06/04 21:52:04

育児も半年目にさしかかり、ついに離乳食が始まりました。

 

最初はやっぱりお粥だよねー、と思っていたのですが、先生の口から出たのは、「じゃあ、ライスシリアルで」の一言。

 

そう、ここはアメリカ。お粥なんてものは存在しないんです。

 

夫に聞いたら、「ああ、ライスシリアルならどこのスーパーでも売っているよ」とのこと。

 

本当にありました。

 

どれどれ?ふむふむ・・・どうやら粉末のライスのようなもので、これを母乳か粉ミルクでどろっとさせて赤ちゃんにあげるようです。

 

粉ミルクでどろっとさせてみて味見すると、なんだか甘ったるい、不思議な味でした。

 

さ、離乳食初体験!ということで張り切って子供にあげてみたら・・・

 

「おえーー」って戻されました。

 

何回やってもダメ。挙句には泣いてしまいました。

 

それはそうですよね。今までミルクの生活だったんですもん。急にスプーンで口に何か入れられたら怖くなりますよね。

 

翌日、どーーしてもあげたくてお粥を作りました。10倍粥。「ああ、離乳食!」って感じでした。

 

それをあげてみたら・・・「ぱくっ。・・・ごくん。」

 

た、食べたーー!!食べてくれました!!

 

その後も順調に飲み込み、ついにそのお粥を全て食べてくれました。

 

これは、母として何とも言えない嬉しさでしたね。

 

日本人の血をひいてるのねーやっぱり!

 

そんな離乳食の幕開けでした。

 

ちなみに、後日病院の先生にお粥なら食べるという話をしたら、お粥がわからず困っていました(笑)

続きを読む≫ 2014/06/04 21:52:04